相続放棄について についての記事一覧 | 相続放棄について 申請書 不存在など

HOME » 相続放棄について

相続放棄について

相続手続き 札幌の場合

・まずは公的機関に相談してみよう
相続が起きたときに、何をどうしたらいいのかわからないという人が少なくありません。そういったときの最初の相談先として公的機関がおすすめです。公的機関では実際に相続手続きをサポートしてくれるわけではありませんが、具体的なサポートをどこに頼めばいいか?何に気を付けなければならないかなどのアドバイスを受けることができます。

相続手続き 札幌の場合 の続きを読む

相続放棄に必要になる書面

相続放棄は相続人の前で「相続を放棄します」と宣言しただけで、できるものではありません。
相続放棄をする旨の書面を、被相続人が最期に住んでいた住所を管轄する家庭裁判所に提出しなければいけません。
では相続放棄を申述するための書面とはどういうものか、取り上げます。
相続放棄に必要になる書面 の続きを読む

生前に相続放棄はできるのかどうか?

基本的に相続放棄は、被相続人の死後に行われます。
では被相続人になる人物に借金があると予め分かっていた場合、生前にも相続放棄はできるのでしょうか。
答えは「NO」です。
被相続人に莫大な借金があると分かっていたとしても、生前の相続放棄はできません。
ただし遺留分の放棄ならば、生前でも可能です。
生前に相続放棄はできるのかどうか? の続きを読む

相続放棄の流れ

財産を調査した結果、財産よりも負債額の方が大きい場合は相続放棄に踏み切ってもいいでしょう。
しかし相続放棄までの期間は3ヶ月以内と、意外と短いです。
しかも相続放棄は被相続人の死後でしか行えないので、一刻の猶予がありません。
そこで簡単ではありますが、相続放棄の手続について取り上げます。
相続放棄の流れ の続きを読む

相続前にしておきたいこと

単純に借金があるからと、安易に相続放棄をするのはおすすめできません。
相続放棄をしたがばかりに、泣きを見る人は多くトラブルも発生しています。
相続放棄をせずに、相続人で話し合ったら簡単に解決できる問題でも、相続放棄を進めたからこそ余計に揉めてしまったケースも少なくないのです。
相続をするかどうかは別として、相続前には財産をしっかり把握しておきましょう。
相続前にしておきたいこと の続きを読む

相続時精算課税制度を受けている場合の相続放棄

相続時精算課税制度とは、贈与した時は贈与税を2500万円まで非課税にするものの、「相続時」には非課税にした分を「精算」して「課税」する制度です。
財産は少ないものの様々な事情により多額の贈与を希望している人にとっては、便利な制度です。
相続時精算課税制度を受けている場合の相続放棄 の続きを読む

相続人不存在

時代が変わると共に、家族の形も大きく変わりました。
一昔前では当たり前のことが、今では当たり前ではなくなっています。
今と昔で大きく違う点は、「不存在」が増えたことでしょう。
では「不存在」とはどういうものか、取り上げます。
相続人不存在 の続きを読む