相続放棄の流れ | 相続放棄について 申請書 不存在など

HOME » 相続放棄について » 相続放棄の流れ

相続放棄の流れ

財産を調査した結果、財産よりも負債額の方が大きい場合は相続放棄に踏み切ってもいいでしょう。
しかし相続放棄までの期間は3ヶ月以内と、意外と短いです。
しかも相続放棄は被相続人の死後でしか行えないので、一刻の猶予がありません。
そこで簡単ではありますが、相続放棄の手続について取り上げます。

相続の放棄に必要な書類を集めたら、家庭裁判所に申述をします。
申述する家庭裁判所は、被相続人が最後に住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所です。
近くの家庭裁判所ではないので、要注意です。
家庭裁判所で相続放棄申述書・添付書類を提出します。
申述の手数料は収入印紙800円・郵便切手が必要です。
郵便切手の値段は申述する家庭裁判所によって違いますが、東京の家庭裁判所の場合は800円です。
必要書類を家庭裁判所に提出したら、裁判所から照会書が送られてきます。
照会書には相続放棄をする理由・遺産に手を付けていないかどうかなどが記載されています。
難しいことはなく、正直に答えれば問題ないでしょう。
裁判所から相続放棄をするのに問題ないと判断すれば、相続放棄は受理されます。
相続放棄が受理されると、「相続放棄受理通知書」が送られます。
「相続放棄受理書」は相続放棄をしたという事実を証明するものになるので、大切に保管して下さい。
また希望すれば、家庭裁判所から「相続放棄受理証明書」の交付を受けることができます。
相続放棄の申述は専門家に頼まず、自分で進めることができます。
裁判所に赴くことにはなるものの、罪を罰する訳ではないので弁護士は必要ありません。
しかし相続放棄には、色んな書類が大量に必要になる場合があります。
また近くに申述すべき家庭裁判所があれば良いのですが、片道3時間以上かかるような遠い所では行くだけでも疲れてしまいます。
相続放棄の申述が難しいのなら、専門家に依頼してみてはいかがでしょうか。
専門家に頼めば面倒な手続も、簡単に済ませることができます。