生前に相続放棄はできるのかどうか? | 相続放棄について 申請書 不存在など

HOME » 相続放棄について » 生前に相続放棄はできるのかどうか?

生前に相続放棄はできるのかどうか?

基本的に相続放棄は、被相続人の死後に行われます。
では被相続人になる人物に借金があると予め分かっていた場合、生前にも相続放棄はできるのでしょうか。
答えは「NO」です。
被相続人に莫大な借金があると分かっていたとしても、生前の相続放棄はできません。
ただし遺留分の放棄ならば、生前でも可能です。

遺留分とは法律上相続人に補償された、相続財産のを指します。
例えば相続人が、配偶者・長男・次男の3人だとします。
遺言書で「全財産を長男に譲る」と書かれていた場合、基本的には長男が全財産を引き継ぐことになります。
しかし長男に全財産を譲るとすると、配偶者と次男には1円も入ってきません。
例え遺言書で「全財産を譲る」と書かれていたとしても、遺留分までを譲り渡すことはできないのです。
でも遺留分を長男に減殺請求をすれば、配偶者にも次男にも最低限の財産が振り分けられます。
生前にできるのは、最低限補償されている遺留分の放棄のみです。
遺留分を放棄するには、家庭裁判所の許可が必要です。
被相続人が住んでいる住所を管轄する裁判所に赴き、遺留分放棄の手続を行います。
家庭裁判所は遺留分を放棄する理由が合理的であるかどうかをありとあらゆる面から判断して、許可を出すかどうかを決めます。
ただし遺留分を放棄したからとは言え、他の相続人の遺留分が増える訳ではありません。
遺留分を放棄したとしても、相続人の権利は持ったままです。
遺留分の放棄は、遺留分減殺請求ができなくなることです
だから借金があったとしても、相続人になっているので借金を相続することになります。
なお遺留分の放棄は、後で取り消すことができます。
将来的に何が起こるかは、神様でしか分からないことです。
遺留分を放棄したのは良いけど、何らかの事情で遺留分だけは確保しなければならない状況になることもあるでしょう。
家庭裁判所が遺留分の放棄を取り消すだけの理由があると判断すれば、遺留分放棄の取り消しを認めてくれます。