協議をすると相続放棄はできないのか? | 相続放棄について 申請書 不存在など

HOME » 相続放棄について » 協議をすると相続放棄はできないのか?

協議をすると相続放棄はできないのか?

相続する財産を相続人同士で協議をすると、借金があることが分かりました。
借金を相続するのは、御免こうむりたいものです。
では、既に遺産分割協議に参加している相続人が、相続放棄をすることはできるのでしょうか。

遺産分割協議に参加して話し合いに決着がつけば、「相続の法定単純承認事由」に該当します。
「法定単純承認事由」になれば、相続放棄はできません。
法定単純承認事由は協議に参加しただけでなく、既に財産の一部を相続して使っていた場合・財産を処分した・財産の一部を隠していた場合も法定単純承認事由に該当します。
また過去の裁判においては、「良かれと思って被相続人の借金を返済した」という理由で相続放棄が認められなかったケースもあります。
協議に参加していたということは、「自分自身の相続分を認識した上で相続分を処分した」ということになります。
ただ協議に参加していたからとは言え、必ずしも相続放棄ができないとは限りません。
被相続人に借金があると分かっていても、具体的な金額まで把握していなかった場合は法定単純承認の適応にはならないとされています。
ただこればかりは専門家でも、見識が分かれます。
でも最初から借金があるとわかった上で協議に参加している以上、相続放棄は難しいと考えておいた方が良いかとおもいます。
どうしても相続放棄をしたいと考えるのなら、専門家の力を借りるしかありません。
ただ協議に既に参加していたとしても、協議が無効になれば相続放棄は確実にできます。
無効になれば、法定単純承認事由にはならないからです。
そもそも協議は、相続人のみでしか参加が許されていません。
相続人のみが参加できる協議に相続人ではない人物が参加すれば、協議は無効です。
他にも、相続人の中に病気などの理由で判断能力が欠けている人がいた場合も無効になります。
相続に関する問題は非常に複雑で、良かれと思ってやった行動が裏目に出ることも珍しくありません。
専門家にきっちりと相談した上で、慎重に動くようにして下さい。