相続放棄に必要になる書面 | 相続放棄について 申請書 不存在など

HOME » 相続放棄について » 相続放棄に必要になる書面

相続放棄に必要になる書面

相続放棄は相続人の前で「相続を放棄します」と宣言しただけで、できるものではありません。
相続放棄をする旨の書面を、被相続人が最期に住んでいた住所を管轄する家庭裁判所に提出しなければいけません。
では相続放棄を申述するための書面とはどういうものか、取り上げます。

相続放棄を家庭裁判所に申述する書面が、「相続放棄申述書」です。
相続放棄申述書を提出すると家庭裁判所から、「相続放棄申述受理通知書」が届きます。
通知書は相続放棄が認められたと、証明する書面です。
相続放棄申述書は、家庭裁判所で直接手に入れるか、サイトからのダウンロードでも入手できます。
申述書の書き方は、1枚目に提出する家庭裁判所の名前・提出した日付・相続人の名前を記入します。
相続人のありとあらゆる情報を申述書に書き込み、捺印をします。
2枚目には相続放棄をする理由を書きます。
どんな理由であっても、相続放棄が認められないということはないでしょう。
借金を相続したくないのなら「債務超過による支払いができないため」と記しても、受理されます。
ただし相続放棄をするには相続放棄申述書だけでなく、他の書類も必要です。
必要になる書類は収入印紙・郵便切手・被相続人の住民票の除票・戸籍附票・被相続人の死亡時の戸籍謄本・3ヶ月以内に発行された放棄する人の戸籍謄本が必要です。
また相続放棄をする人が未成年か被後見人の場合は、独別代理人が相続放棄の手続を行います。
必要となる書類は基本的に先程紹介した書類と同じですが、他に後見人であることを証明するために登記事項証明書などが必要です。
相続放棄の手続は自身でやろうと思えば、できなくはありません。
書類も役所に問い合わせれば、集めることはできるでしょう。
しかし役所の受付時間は平日の朝〜夕方までで、深夜・休日には受け付けていません。
つまり相続放棄の書類を全て揃えるには、会社を休まなければならず手間がかかります。
相続放棄を考えているのなら、一度専門家に相談することをおすすめします。