相続の順位 | 相続放棄について 申請書 不存在など

HOME » 相続放棄について » 相続の順位

相続の順位

相続人は、被相続人と血縁関係がある者と定められています。
ただし血縁関係があるからとは言え、必ず財産が相続できるわけではありません。
誰が相続人となるのかの鍵を握るのが、相続の順位です。

誰が相続人になるかは遺言書で指定がない限り、法律により「法定相続人」として定められています。
法定相続人には順位があり、基本的には順位の高い人から相続することになります。
法定相続人になるべき人物の筆頭に挙げられるのが、被相続人の配偶者です。
もしも他に相続人がいれば、配偶者と相続人が法定相続人になります。
次に相続人になるのは、第1順位である子供です。
子供が2人以上いる場合は、子供2人全員が相続人になります。
被相続人に配偶者がいなければ、子供が相続することになります。
被相続人に子供がいなければ、第2順位である親が相続人です。
もし被相続人に配偶者がいれば配偶者と親が相続人・配偶者も子供がいない時も親が相続人になります。
また被相続人に子供や孫がおらず親も祖父母もいなかった場合、第3順位である兄弟姉妹が法定相続人です。
では被相続人にはかつて子供がいたものの、子供が先に亡くなり孫がいる場合はどうなるのでしょうか。
孫がいれば「代襲相続」という形で、孫が法定相続人になります。
では被相続人に愛人がおり、愛人との間に子供がいたとしましょう。
愛人や子供も法定相続人となるのでしょうか。
答えの鍵を握るのが「認知しているかどうか」です。
まず愛人に関しては、一度離婚をして愛人と結婚して籍を入れたら相続人になります。
でも結婚をせずに内縁関係の間柄のままでいるのなら、相続する権利はありません。
ただし愛人との間に子供ができて認知をしていれば、子供は相続人として財産を引き継ぐ権利はあります。
ただ愛人の子供に財産を相続させるのは、気持ち的に良いとは言えないものです。
何をどう財産を分けるかについては、相続人同士の話し合いで解決するしかありません。